Author Archive

自動車買取のポイント

皆さんは軽自動車というと何をイメージするでしょうか。もしかすると軽自動車と聞くとちょっとまでは、パワーが無く走行性能が悪く、人や荷物が載せられない、と言うイメージだったかもしれませんね。また軽自動車であるが故にボディが軽く事故の時に危険だと感じる人がいるかもしれません。このように軽自動車がどちらかと言えばマイナスのイメージが強い車種でした。しかし、燃費が良く、維持費も安いため、最近では普通車以上に売れ行きが好調です。確かに税制が改正され税金面ではやや不利になったとはいうものの、それでも燃費が良く、未だに普通車に比べれば税金が安い。その上、各種メンテナンス費用が割安であったりと、色々な面での経済性の高さを理由に軽自動車を選ぶ人も多いのではないでしょうか。軽自動車ですから車体が小さく小回りが利きます。運転がしやすいので、女性でも扱いやすいばかりでなく、エンジンや車体パッケージに代表される走行性能の向上、さらに装備の充実によって、もはや軽自動車は普通車と変わらないレベルの質を提供してくれるようになっているので、ファーストカーとしても十分満足出来るつくりになっています。そんな大人気の軽自動車ですが、いざ乗り換えする際の下取りや買取査定についても、十分にお得な車種てあることをご存知でしょうか?シンプルに言うと軽自動車は価値が下がりにくい車種ということなのです。具体的に言えば、新車価格が500万円以上する輸入車や高級車は3年も経過すれば、中古車買取査定価格は新車時の半額以下になってしまうことがほとんどです。特にベンツやBMWが値下がり率が高いと言われています。一方で、中古車市場でも人気の軽自動車は、 1年を通して需要が安定していることや、特に地方においての在庫の回転の早さ(売れ行きの良さ)を理由に、買取相場も高値を維持しています。つまり、中古車としての買取価格が高いため、売却時にはとてもお得になるのも軽自動車のメリットの1つなのです。しかし、注意も必要です。どこの中古車買取業者で査定してもらっても高価買取が期待できるとは限りません。なぜなら、中古車買取相場が常に一定であるというわけではなく、中古車買取店、新車ディーラーなど、査定する場面によって評価基準が変わってしまうからです。高級車など他の車種に比べて買取価格が下落しにくいというメリットがある軽自動車だからこそ、その利点を最大限に活かして高価買取を実現したいものです。そのためにはまずはインターネットなどで自動車買取相場を調べてみることをおすすめします。自動車一括査定の仕組みさえ理解できていれば、どの中古車買取業者と折衝をしても損することがないでしょう。もし愛車を自動車買取という形で手放すとすれば、事前の調査が何よりも必要となるのです。

日産のハイブリッド車

リチウムイオン電池にこだわった日産が初めて本格的に導入した自社開発のハイブリットカーはとても評価が高く自動車買取相場でも高値で安定している。以前からハイブリット技術は燃費の悪い大型車に適していると言っていたのでこのはつのハイブリットカーが高級セダンだったことが当然だったかもしれない。それがスカイラインであった事は偶然とは言えないだろう。同時にスカイラインはメルセデス・ベンツのエンジンも搭載していることから日産の真剣味が伝わってくるようである。確かに走行距離が同じであれば小型車のエンジンよりも大型車の方がハイブリットに適していると言うかもしれない。小型車に比べ大型車はガソリンを消費する量は大幅に軽減できる。しかしそこにはコストアップといったという問題が生じてくる。現在国内の自動車市場において最も売れているのは軽自動車である。消費者は自動車にお金をかけることがなくなり大型車の売れ行きは鈍っているのである。その中で大型車のハイブリットカーはメーカーにとってある意味では賭けであり無謀な挑戦なのかもしれない。またハイブリット車は電池の場所を取るためどうしてもトランクの容量を制限してしまう。大型車の場合ゴルフバッグ4つが入らないと売れ行きに直結してくる。もしトランクが狭くなってしまえば大型車の魅力が半減してしまうかもしれない。そのため日産のハイブリットもこの点には十分な配慮がされていると思われる。それに対しトヨタのレクサスはこの点に十分な配慮がされており売れ行きも悪くは無い。もちろんレクサスの場合はブランド力があるためハイブリット技術にプラスされ魅力的に映っているのかもしれない。ここでトヨタと日産の決定的な違いが出ていると言えるかもしれない。ともかくこれからの時代はハイブリットか水素自動車の時代になる。 2020年の東京オリンピックのころにはおそらく水素自動車が東京の街を走っているに違いない。そのために各メーカーが水素自動車の技術でしのぎを削っているが今のところ市販をしているのはトヨタだけである。次の東京モーターショーで本田も水素自動車を堅持するが日産はこの点でまだ遅れているようである。ともかくこれからの時代のエコカーの維持発展を楽しみにしたいと思う。

S660とコペンの違い

ブレーキは効きすぎる位に効きますw

・ボディ剛性
凄く良いですね。
オープンカーであることを全く感じません。
自分のコペンを寒天の様に感じますw

・エンジン
正直ここだけが不満です。
アクセルを踏んでも何も面白くないです。
トルクがフラット過ぎでターボを意識する場面がなかったです。
SPORTモードを選択できてなかったからかもしれません。
リアウィンドウをCRXデルソルの様に下げて積極的にエンジン音を聞くこともできます。
でもエンジン音も正直良い様に感じません。
今一つで官能的ではないです。
燃費競争もそこそこにして、楽しいエンジンを作って下さい本田さん!!

○総評
200万円台が妥当という意見が良く分かりました。
外観、室内、ハンドリング、ボディ剛性の質がとても高いです。
全て普通車なみかそれ以上に感じます。

ただ、遠出には使いにくい様に感じます。
室内がコペン以上に狭くリクライニングも出来ない上、荷物も乗りません。
宿泊する遠出なら、宿泊先に荷物を送っておくのも手かもしれませんねw
日常の運転でスポーツ感を感じたい人に向いていると思います。
それにしては高いですがw

なんにしてもこういった車が出てくれるのはありがたいですね。
試乗車が空いてきたらまた試乗してきたいと思います。

レガシー

友人が 「フォレスターとか雪山は最高だぜ!」というのでスバルへ。
エンジンとか性能は文句なし、アイサイトも素晴らしい・・・!
でも顔が気に入らない・・・(¬д¬。)
レガシィアウトバック
赤があった!
しかも顔もなかなか落ち着いてていいかも・・・
ただ・・・元々スバルのロゴが好きじゃない。。。
スバルってTOYOTAの資本が入ってから、部品なんか共通になったと聞く。
技術サポートも素晴らしく、人気のメーカーに成長しつつあると・・・
それを証拠に、店舗の中は商談で満席(汗
スバルかぁ・・・
友人Kが消費税8%になる前にマツダのCX-5を購入した。
なぜマツダ!?と聞いたら旦那が社長と仲良しで
色々話してたらなんかマツダの車いいなって思って来たそうで。。。
ずっとHONDAユーザーだったのに、マツダに乗り換えたんだと。
でもたぬきちは「マツダとHONDAは絶対いやだ」と言う。。。ということで却下・・・
「そういえばうちの元請の土建屋社長、X5乗ってるんだよなー
前の車に追突してきた相手がBMWの店長だったらしくて、損害賠償分を頭金にしてくれて
新古車を安く買ったらしいんだよ・・・」
何とかその車を買い替えさせてだな!
下取り価格でうちが買うと言うわけにはいかんかね!?

6MT の設定

日本に導入された車両の都合で,今回 MT ではなく,
あろうことかわたしにあるまじき AT になってしまいう ことに,最後まで悩んでいました。
国内正規販売のセダンは 5AT だけの設定になっていて,
カブリオレにごく一時期,受注生産で 6MT が設定されただけという状況。
日本以外には 6MT があるということで並行輸入を考えて
米国,英国,独国,瑞国,仏国あたりの在庫を調べていま したが…,
いい出物はそれなりにあるのですけど欧米は走行距離が半 端なく,
そして何より手続きに + 105 万円というところでやめ ました。
自分を納得させる材料として,
・AT だけど優秀なロックアップ制御がある
・一応マニュアルモードがある
・割と AT の制御はお利口らしい
・アイシン AW 製なので信頼性は高い
・欧米に部品はあるので,最悪 AT がだめなら載せか えられる
(正規カブリオレで 6MT があり,完全新規ではない ため手続きとして有利)
この 3 点を挙げて無理やり納得させました。
これについてはまだだいぶ悔いは残っています…。
やっぱり悔いがあるので,割と本気でミッション周り輸入は考えています。

レクサスのシャシー剛性

シャシー関係は言うことなしなんですが、パワートレインがどうしても眠い。
エンジンのレスポンスも、中回転、高回転域のレスポンスを鋭くして欲しい。
いやレスポンスだけなら悪くない、無いのはパンチ力ですね。
サーキットを走れば、実際は私の僕星より速いのは間違いないけど、エンターテイメントとしては足りない。
これはベンベのM3などにも同じ事が言える。
やっぱり中身は既存車種なのかと、いつも残念になる。
スポーツ+モードは、エンジンの力をもっと解放するセッティングにして欲しい。
排気量3500ccですよ。
本来の性能はこんな程度のわけはありません。
折角のクルマの性能がここまで絞られてしまっていると、勿体ないです。
ここまで絞るなら、排気量は2500ccでも同じでしょうね。
トヨタには、是非とも考え直していただきたいものです。

電気自動車の加速感

短いストレートながらフル加速の季節が来た。
「ジェットコースターとか大丈夫ですか?」
「大丈夫です」
「一応こころ構えを」
「はい。」
「いきますよ。」
シートに背中がめり込む。
飛行機が離陸するときの加速感を思い出した、久しぶりだなぁ。
ジェットエンジンやら空調の騒音以外、ほぼ、そっくり。
腰が持って行かれる感じではないのも、同じ。あくまで背中。

小雨で路面が光っていたので、ドライバー氏曰く
「不完全燃焼でしたね。」
ジェット旅客機の離陸みたいでしたよ、と感想を告げるも、何処か残念オーラが漂うドライバー。
別段、慰めているつもりも無かったけど。

「ぜひ、テスラーファミリーになって下さい、お待ちしております。」
「こっちこそ、面白かった、ありがとう。(絶対無理だけど)」

目的も何もなく入ったディーラーだったせいか、地下鉄難波に着くと結構なストレスを
自覚した。
ワクワクドキドキは無くて、ハプニングに近かったのかもしれない。

独特な加速感は暫く覚えていると思うけど、ビート、鼓動が無いのは自分にとっては致命的。
たぶん飽きる、テスラさんには悪いけど。

音が伴わないという意味で、絶叫系のスリルに飽きない人なら永く乗れる気がする。

あ、あと道具に拘らないという意味で、高速Drivingをしたいひと。
単純に腕を磨きたい人で、タイヤのスキール音で限界を知るタイプの人。
シフトも回転数も関係ないから、ある意味で楽に腕を磨けるかも(笑)

コンパクトカー

もちろん、コンパクトカーのフィットに車両+付属品で240万円以上(税金等が20万以上なので、車両価格は190万+オプション(点検パック含む)で約28万)払う、ということにはかなり心的抵抗がありました。フィットって100万ちょっとで買える車のイメージですものね。この価格で中古なら3年落ちくらいのフル装備ナビ付プリウスが買えます。ここのところ中古相場がだぶついてきたので。また、リッター40㎞走るという新型プリウスのことも念頭にありました。ただ、ハイブリッドの中古はバッテリーが心配なこと、新型プリウスは発売が伸びてしまって納車来年の車検切れに間に合わない恐れなどから、候補から消しました。また、噂されているフィット3のイヤーモデルについても、今ある9Nポロのスタッドレスがへたっていて今シーズンを乗り切るのに不安なこともあって、冬季の前に納車完了する現行フィット3でいく事にしました。  一つ不満なのは、現在ディーラーが抑えていて条件に合うのがシルバーしかなく、希望のブルーメタリックは「安心パッケージ」付しかなかったこと。誤作動も多く、アイサイトと違って普通のドライバーにはあまりいらないシティブレーキがついて6万円高いのはちょっと…です。

車を買い換える

最近、ドライブしてたら、車の調子悪く カーブを曲がるとガタガタとか、普通に走ってもゴトゴト 運転中に壊れたらと思うと心配で 走行距離もかなり走ってたので、今日は実家の父と車屋さんに(⌒-⌒; ) でも、新車は無理なので、中古車大きい買い物になるし、なるべくわかる人と・・・
で、お父さんを連れて見に行きました。パールシルバーですがそれに決まり(^^;;生活も大変だけど、車ないと不便なので。前の車も5年のローンでやっぱり大変だったよ
でも、何とかやってたからローン終わっても車代と思い、少しずつ出来る時に貯金してた(⌒-⌒; )
あまり出来ないけど・・・

安全祈願

購入した中古車を受け取りに小田原市まで。
その帰りに、まぁ、まぁ、一応 安全祈願はしときますか ちゅうことで
本来なら寒川神社まで行くところを箱根にある天狗さんへ行ってみた
前々から思っていたことなんだけど近場にも関わらず、ここでの車安全祈願者は少ないようだ
なんせ、寒川神社のステッカーは毎日どこかで見かけるんだけど
天狗山のステッカーはあまり見かけないもので・・・
行ってみて、まずどこで受け付けをするのかがわからなかった
その後、案内をたよりにあちこと動いたら受付を発見
で、一番大事な金額を見ると 7000円となっていた
他の選択肢はない
寒川神社の倍ですか? はい、目が点になりました
即、奥に電話をかけて相談
その後、寒川神社まで行きましたとさ・・・
金額設定が豊富で、これでどうなん?って思いますが
7000円はチョッと・・・  他の祈願者も全くいないし・・・
ということで、前からの疑問が自身の中で消化された日になりましたとさ(笑)

Categories
Bookmarks