日産のハイブリッド車

リチウムイオン電池にこだわった日産が初めて本格的に導入した自社開発のハイブリットカーはとても評価が高く自動車買取相場でも高値で安定している。以前からハイブリット技術は燃費の悪い大型車に適していると言っていたのでこのはつのハイブリットカーが高級セダンだったことが当然だったかもしれない。それがスカイラインであった事は偶然とは言えないだろう。同時にスカイラインはメルセデス・ベンツのエンジンも搭載していることから日産の真剣味が伝わってくるようである。確かに走行距離が同じであれば小型車のエンジンよりも大型車の方がハイブリットに適していると言うかもしれない。小型車に比べ大型車はガソリンを消費する量は大幅に軽減できる。しかしそこにはコストアップといったという問題が生じてくる。現在国内の自動車市場において最も売れているのは軽自動車である。消費者は自動車にお金をかけることがなくなり大型車の売れ行きは鈍っているのである。その中で大型車のハイブリットカーはメーカーにとってある意味では賭けであり無謀な挑戦なのかもしれない。またハイブリット車は電池の場所を取るためどうしてもトランクの容量を制限してしまう。大型車の場合ゴルフバッグ4つが入らないと売れ行きに直結してくる。もしトランクが狭くなってしまえば大型車の魅力が半減してしまうかもしれない。そのため日産のハイブリットもこの点には十分な配慮がされていると思われる。それに対しトヨタのレクサスはこの点に十分な配慮がされており売れ行きも悪くは無い。もちろんレクサスの場合はブランド力があるためハイブリット技術にプラスされ魅力的に映っているのかもしれない。ここでトヨタと日産の決定的な違いが出ていると言えるかもしれない。ともかくこれからの時代はハイブリットか水素自動車の時代になる。 2020年の東京オリンピックのころにはおそらく水素自動車が東京の街を走っているに違いない。そのために各メーカーが水素自動車の技術でしのぎを削っているが今のところ市販をしているのはトヨタだけである。次の東京モーターショーで本田も水素自動車を堅持するが日産はこの点でまだ遅れているようである。ともかくこれからの時代のエコカーの維持発展を楽しみにしたいと思う。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks